わき出る力を市政のために。

経験を活かし、可能性を信じ
未来をカタチに。
いざ、3期目への挑戦です!!

人皆様から市議会へ送り出していただき、8年が経ちました。
あらためて政治の果たす役割が、私たちの暮らしに結びついていることを、強く実感しました。

その期待に応え、責任の重さを胸に、これまで様々な課題解決に真剣に取り組み、日々努力してまいりました。

まだまだ志道半ば、「今さえよければいい」「自分たちさえよければいい」という考えの政治屋ではなく、政治家として「熊本地震からの復旧、そして復興」を最優先に、 また同時に「次世代の希望が持てる未来構築」に向けて、 驕り高ぶることなく、初心を忘れず、3期目へ挑戦します。

|4年間の議員活動の取り組み。|

教育現場で

  • 政令市でもいち早く小中学校の各教室にエアコン設置を国に要望し、実現しました。

復興支援

  • 熊本地震の際、遅れていたマンションの、り災証明書の早期発行に尽力しました。

地域の安全確保

  • 中心市街地の安心安全のため、教育市民委員長として、客引き行為等禁止条例(本年4月開始)の制定に取り組みました。

市政への信頼回復

  • 「北口議員の不当要求行為等に関する調査特別委員会」において真剣に調査、議論を重ね、議会の信頼回復に努めました。

3期目のとりくみ。

確かな歩みで、政令指定都市熊本市の可能性を
カタチにし、実現していきます!!

『人』への投資政策を重点的に進めて、政令市最低の自主財源率を克服し、豊かに暮らせる社会を実現します。

待機児童ゼロ、育成クラブの環境改善。教師の教育現場での負担を減らし、生徒の「心技体」向上に全力を傾注できる環境づくりに努めます。

がん検診・特定健診率向上対策、歯科検診、予防介護等の充実で健康寿命を延ばします。

「隗より始めよ」 議員定数の見直しなど、市民のための議会改革を先頭になって取り組みます。

熊本市独自の「安心して産み、育てる環境の充実」で、政令市出生率トップを目指します。

市民サービスの更なる向上のため、地域担当職員・若手職員と意見交換し、政策に反映されるよう積極的に取り組んでまいります。

REPORT

議会たより

定期的に発行しています「議会便り 政清人和」のバックナンバーがご覧いただけます。
髙本一臣の普段の活動を知ってください。

PROFILE

プロフィール

1964年
山都町生まれ
1982年
矢部高等学校卒業後、郵便局採用
1999年
参議院議員公設秘書
2007年
熊本市議会議員選挙 初挑戦
衆議院議員 秘書(2010年4月まで)
2011年
熊本市議会議員選挙 初当選
2015年
2回目当選
2019年
3回目当選
 
 
  
 

[ 白山校区(出水中・白川中校区)在住 ]

|主なとりくみ|

  • ■教育市民委員会委員長
  • ■議会運営委員会委員
  • ■議会活性化検討会委員
  • ■防衛議員連盟会員
  • ■政令市木材利用促進議連幹事
  • ■熊本ヴォルターズ支援議員連盟幹事長
  • ■熊本市日台友好議連 副会長
  • ■ロアッソ熊本支援議員連盟
  • ■市交通指導員白山副支部長
  • ■白山消防団団員
  • ■白山校区体協地域指導員

|趣味・特技|

  • ○第3回熊本城マラソン 完走
  • ○書道準2段

CONTACT

応援メール

ご意見やご要望、
応援メールをお待ちしております。

髙本一臣へ、アナタのあなたを声を聞かせてください。
メールまたはお電話にて、お気軽にご連絡ください。

096-223-5480

メールでのお問合せ

〒862-0958
熊本市中央区岡田町5-1-102号

お名前※必須
メールアドレス※必須
応援メッセージ
メールでのお問合せ お電話でのお問合せ 高本一臣 フェイスブックページ ページトップへ
Close